帯津メッセージ集

このページは、帯津良一が、医師として、一人の人間として、日々考えていることや思うこと、思想などを綴ったメッセージ集です。

2020年は、帯津カレンダーの当月の養生訓の解説を掲載していきます!

11m.jpeg
12m.jpeg

11月(養生訓12)

ひとり家に居て、閑(しずか)に日を送り、古書をよみ、古人の詩歌を吟じ、(中略)月(つき)花(はな)をめで、草木を愛し、四時の好景を玩(もてあそ)び、酒を微酔(びすい)にのみ、園(えん)菜(さい)を煮るも、皆是(これ)心を楽しまめ、気を養ふ助なり。(養生訓、巻第二の21)

【意訳・解説】 

益軒は養生訓で、人生の楽しみは「善い行いをして、健康で、長生きする」の三つで、「年老いたら、自分の本来の楽しみだけに専念すべきである」(巻第八の23)とも、語っています。そしてその楽しみとは、「世俗の楽しみに非ず。只、心にもとよりある楽」だといいます。その「心にもとよりある楽」とは、「ひとり家にいて、静かに日を送り、古書を読み、古人の詩歌を吟じ、香をたき古法帖を楽しみ、山水を眺め、月花をめで、草木を愛し、四季の景色を楽しみ、酒をほろ酔いで飲み、庭で出来た野菜を煮るのが、みんな心を楽しませ、気を養う助けになる。貧賤の人であっても、こうした楽しみはいつでも得られる。もしこの楽しみをよく知っていれば、富貴であってもこれを知らない人にまさっている」(巻第二の21)と語っています。

9m.jpg

​9月(養生訓11)

身をたもち生を養ふに、一字の至れる要訣(ようけつ)あり。是(これ)を行へば生命を長くたもちて病なし。(中略)其一字なんぞや。畏(おそるる)の字なり。畏るるとは身を守る心法なり。(養生訓、巻第一の12) 

【意訳・解説】 

益軒は「身をたもち生を養ふ」ことの「要訣」(秘訣)は、「畏」の壱字で、身を守る心法(心構え)であって、これを行えば長生きできて病気にならないと言います。 

畏れるとは天道を恐れることだと説き、畏れから慎みが生まれると言い、天の摂理のなかに、自分の生命があることを知り、その摂理を畏れることで、謙虚に生きていくことが出来るのではないでしょうか。 

7m.jpg

​7月(養生訓10)

す(好)ける物は脾(ひ)胃(い)のこのむ所なれば補となる。李(り)笠(りゅう)翁(おう)も本性甚(はなはだ)すける物は、薬にあつべしといへり。尤(もっとも)此理あり。(養生訓、巻第三の32) 

【意訳・解説】 

養生訓の八巻のうち、二巻にわたって「飲食」の項目がありますが、益軒が食養生に重きを置いていたことが分かります。 

益軒は中国の食養生を読み解き、日本人にあったものを紹介しています。 

この李(り)笠(りゅう) 翁(おう)は明朝後期から清朝初期の劇作家、小説家で本名は李漁。好きなものは脾胃(消化器系)が好むものだから体の補いになり薬になる、は理に適っているが、但し食べ過ぎると体が傷つき、嫌いなものを少し食べるより悪い。好物を少し食べるなら効果があると続きます。 

5m.jpg

​5月(養生訓9)

人の身は父母を本(もと)とし、天地を初(はじめ)とす。天地父母のめぐみをうけて生まれ、又養われたるわが身なれば、わが私の物にあらず。(養生訓、巻第一の1) 

【意訳・解説】 

養生訓は一巻から八巻まであります。一巻と二巻の総論には養生とは何なのか、益軒が本当に言いたいことが書かれています。 生命とはわが父母からのいただきものです。その父母は、またその父母からと、生命の淵源をたどっていくと、百数十億年の宇宙の起源、ビックバンまで行き着きます。生命は「私の物」ではなく「天地のみたまもの」なのです。 

3m.jpg

​3月(養生訓8)

『薬をのまずして、おのずからいゆる病多し。是をしらで、みだりに薬にあてられて病をまし、みだりに薬を用て、薬にあてられて病をまし、食をさまたげ、久しくいゑずして、死にいたるも亦多し。(養生訓、巻第七の6)』

【意訳・解説】 

養生訓では、人の身体が持つ自然治癒力についても語っています。「薬を飲まなくても、自然に治る病気が多い」(巻第七の6)と述べた上で、「これを知らないでむやみに薬を使うと、薬のせいで病気をひどくし、食欲をなくして、長く治らないで、死に至ることも多い」と警告しています。益軒は自然治癒力を信じることの大切さを説いているのです。 

​1月(養生訓7)

『入門(に)曰。導引(どういん)の法は、保養中の一事也。人の心は、つねに静なるべし。身はつねに動かすべし。終日(ひねもす)安坐すれば、病生じやすし。(養生訓、巻第五の10)』

【意訳・解説】 

貝原益軒は養生訓で毎日、行うように勧めているのが「導引の法」です。明代の医師、李(り)梴(てん)の著書である『編註医学入門』を引用して、導引(*)の法は養生の一つであると言ったうえで、人の心は常に静かであるべきだが、身体は常に動かしていた方がいい、一日中、座ってばかりいると病気になりやすい、と説いています。 

(*)導引とは身体を揺り動かして、気の通り道をである経絡を伸び伸びさせること。身体を押したり、撫でたり、さすったりすることも含まれる。益軒は養生において、呼吸法と並んでこの導引を重視しました。 

入会案内

リンク

アクセス

お問い合わせ    

入会などについて

帯津良一への依頼

トピックス                 

イベント・グッズ

関連書籍

会員動画

スタッフブログ

NPO法人帯津良一 場の養生塾

〒350-0021

埼玉県川越市大字大中居545

(帯津三敬病院内)

TEL 049-293-1714

FAX 048-610-8305

E-mail : info@ba-youjyo.com

  • mail
  • Facebook

Copyright © 2018 Specified Nonprofit Corporation Obitsu Ryoichi Banoyoujyojuku. All Rights Reserved.