2020年1月30日「いのちに寄り添う医療」シンポジウム 感想①

更新日:2021年3月1日

養生塾の20周年記念のシンポジウムは、コロナ影響で開催時期を延期し、zoomでの対談、聴講は会場とzoomを選べる形で開催されました。

zoomと会場の同時開催は初の試みで、実行スタッフの方々は、企画・資料作成、リハーサル、本番でのハプニング対応と大変ご苦労されたと思います。


当日、私は会場の受付のお手伝いをさせていただきましたが、来場者の方々への可愛いプレゼント(実行スタッフの方の手作りクッキー)を皆様がとても喜んでいらっしゃる姿が印象的でした。また、来場者の皆様方に終了後の座席消毒に協力いただき、会場のみんなで最後を締めくくることで、不思議な一体感と達成感を味わうことができました。

ありがとうございました。


養生塾の20年間の歩み、帯津先生とカールベッカー先生のお話は勿論、両先生と;木暮先生、そして参加者の方々との質疑応答ややりとりすべてが、自分が「いのちに寄り添う」について考える刺激とヒントになりました。

梵(ぼん) 🐩